全身脱毛Q&A

全身脱毛の効果ってどれくらいで現れる?

更新日:

脱毛したい!サロンに通いたい!って思っても、サロンにはいろんな脱毛コースがあって迷ってしまいますよね。
月謝制がいいのか回数制がいいのか・・・・?そんな時にまず考えるのは「何回通えば効果が出るんだろう?」という回数と、「どれくらいの期間で通ったらいいのか?」という期間ですよね。
今回は、全身脱毛の効果が現れる目安についてご紹介します。

効果が出るための推奨回数は12回~15回

昔からエステサロンでは9割以上が光脱毛を導入しています。光脱毛とは、フラッシュ脱毛やIPL脱毛と呼ばれている光を使った脱毛です。特殊な光を肌にあてて、毛乳頭に刺激を与えて不活性化させることで毛そのものが生えないようにしていきます。
毛周期に合わせて通うので、ほとんどのサロンでは2~3か月に1回通い、通ううちに毛がどんどん減っていき、そのうちに毛がほとんど生えてこなくなります。光が反応しなくなるくらいつるつるに薄くなったら完了です。
では、そうなるためには何回通ったらいいのでしょうか?

回数とその脱毛効果

ほとんどのサロンでは以下のような定義で説明されます。

1回:施術した2週間後にいったんつるつるに薄くなるが、1か月後ほぼ元に戻る
6回:最初の半分くらいの毛量になり、毛の太さも細くなる
12回:ほとんどの毛が薄くなるが、部位によって一部に毛が残っている
15回:ほとんどすべての毛が薄くなる

このような感じです。そのため、平均的に12~15回くらいで満足される人が多く、サロンでは12~15回を推奨しています。15回受けたあとにも、1~2本たまに毛が生えてきたりするので、3~4か月に1回のペースで16回目以降も継続される人もいます。

最初は全身脱毛、その後部分脱毛に切り替えという方法も

全身脱毛で2か月ごとに通って6回ほど受けると、効果がすぐ出る部位しつこく毛が残る部位が明確に分かれてきます。
もともと薄くて、少し薄くなればもう満足だという人は、途中で全身脱毛をやめて、脇だけとかVラインだけなど1~2か所だけピンポイントで継続するという方法もあります。全身脱毛が通い放題コースで契約している人は、気にせず何回でも通えますが、月謝制の人や回数制の更新のタイミングの人はいったん考えてみるといいでしょう。

部位ごとの効果の違い

全身同じように光脱毛を行っても、部位によって減り具合がことなり、早く完了する部位もあれば、繰り返し受けてもなかなか効果が出にくい部位もあります。
以下は、部位別の施術目安についてわかりやすくまとめたものです。

ワキ/アンダーヘア奥(Iライン)

6回受けると半分くらいの毛量になります。しかし、12~15回受けても、数本しつこく生えてくることが多く、最後の1本までなくすために16回目以降も年2~3回ほど続ける人が多い。

Vライン

6回ほどで半分くらいの毛量になり毛も細くなります。12回ほどでほとんど完了しますが、うっすら数本だけでも気になる場合には、15回以上続けるといいでしょう。

ひざ下

すねの外側の筋肉ラインとひざは15回うけても数本しつこく生えてくることが多いです。ふくらはぎや、すねの内側は10回ほどで目立たなくなります。

ひじ下

ひじに近い部分は毛が残りやすく12~15回受けてもしつこく生えてきますが、毛自体が細くなるので、ほとんど薄くなります。

背中

背中の上の真ん中あたりは全身の中で一番効果がでにくく、毛量も多く、なかなか効果が出ません。15回受けてようやく毛量が半分になるくらいです。つるつるにするには30回以上必要です。

その他の部位

他の部分は、だいたい12回~15回でほとんど満足するほどの効果が得られるでしょう。
(効果には個人差があり、もともとの毛質や肌質によっても左右されます。)

-全身脱毛Q&A

Copyright© 【大手10社比較】おすすめ全身脱毛ランキング! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.